LPO対策 サイト制作サービス | 株式会社グラッドキューブ

売上低下の原因を熱で感知。SiTest(サイテスト)

サイト改善に不可欠な分析機能を
誰にでも使えるように。

プログラマー目線のマニアックなツールではなく、ウェブ担当者の誰もが使えてテストすることが楽しくなる。
テストがいかに売上アップに貢献するのか?

テストの価値を日本にももっと広めたいという思いから生まれたのが、LPOツール「SiTest」です。

テストすることの価値 誰にでも使えるからテストするのが楽しくなる。

Google Analyticsと共存できる。

ヒートマップツールは世の中に多数ありますが、アクセス解析の最高峰である
Google Analytics(GA)との共存を考えたツールはありません。
「SiTest」は開発時からGAとの共存を目的としています。

アクセス解析、レポーティングはGA、サイトでのユーザーの動きの見える化はSiTest。
GAとSiTestを分析の必須ツールとすることで、サイト改善に必要な分析だけを行うことができます。

SiTestのヒートマップは2つの動きを捉えます。

スクロール解析

訪問者の閲覧時間が見えます。

スクロール解析

ウェブサイトの特定の領域が、訪問者にどれくらいの時間閲覧されているのか?また、ページ内のどこで訪問者が離脱してしまうのかを知ることができます。

scroll heatmapは、訪問者がどのようなコンテンツに関心があり、どんなところを飛ばし読みしてしまっているのかを教えてくれます。

訪問者が何に感心があるのかを正確に知ることができれば、サイト訪問者の興味を維持し、サイト離脱率を低下させることが可能です。
赤色の部分は興味を持たれているところを示し、逆に青色~透明の部分は訪問者にとって退屈であると言えます。

特に青色~透明の部分が長く続いてしまうと、訪問者のフラストレーションを増加させ、サイトを離れてしまう原因となるでしょう。
訪問者の気を惹くことに成功している赤色の部分では、訪問者によるアクションを促せる可能性が高いと言えます。

scroll heatmapはこの時点であなたに売上アップの可能性を教えてくれています。
つまり訪問者にとってほしい行動(例えば問い合わせフォームへの移動)のためのリンクボタン等を、この辺りに設置することによって、サイトによる収益増加に繋がる可能性があるのです。

マウスムーブヒートマップ

訪問者は知らないうちになぞり読みをしています。

マウスムーブヒートマップ

ウェブサイトで訪問者がとったマウスの動きを集計し、ヒートマップにします。訪問者たちがあなたのサイトの何を見て、どこに注目しているのかをご覧になれます。

文章を指でなぞりながら読んだことはありませんか?

それと同じく、ウェブサイト閲覧時のマウスの動きも視線の動きと近似していることが明らかになっています。

そのため、Mousemove heatmapが示すものはユーザーの注目度そのものと見て問題ありません。

訪問者に注目してほしいコンテンツが、ヒートマップで青色になっている場合、早急にコンテンツ自体の変更や配置の修正が必要です。
訪問者が注目しているコンテンツを知り、アクションに繋がるウェブサイト構築へ役立てていってください。